テレワークのデメリット対策まとめ!これを知ってればあなたも大丈夫!

最近のコロナウイルス感染対策や、長時間労働やワークライフバランス改善策として在宅ワークなどのテレワークを導入して、業務効率の改善や生産性向上を目指している企業がたくさん増えてきています。

また、「うちの会社では導入していないけど、ワークライフバランスのことも考えて働き方を改革していきたいからテレワークにしてほしい!」と導入を希望したい方もいるのではないでしょうか?

しかし、ここで皆さんにちょっと考えていただきたいのが、本当にテレワークが長時間労働への対策や・高い生産性が実現されて働き方改革の実現につながるのか?ということです。

安易にテレワークを実施したことによってかえって作業が進まなくて仕事が捗らなかったり、結局残業してしまったりした方もいるのではないでしょうか?

今回はテレワーク作業がどういう意味を持つか、実施する時どのような点に気をつけて生産性を高めていけば良いかをまとめてみましたので、ぜひこの記事を読んで、ワークライフバランスの改善に役立ててください。

スポンサードリンク

テレワークのデメリット対策まとめ!これを知ってればあなたも大丈夫!

そもそもテレワークとは?

そもそもテレワーク(telework)とは本来の職場から離れた場所で働く業務形態のことを指します。

一般社団法人 日本テレワーク協会によれば3つの形態にわけられるとされています。

  • 在宅勤務:自宅にいて会社とはPCとインターネット、電話などのツールで連絡をとる働き方。
  • モバイルワーク:顧客先や移動中に、PCや携帯電話を使う働き方。
  • サテライトオフィス勤務:勤務先以外のオフィススペースで、PCなどを利用した働き方。

PCやスマホなど通信機器のスペックが大幅に上がったことやWi-Fiなどのデータ通信ネットワーク環境が低価格で設定できる・街中に普及してきたことを背景に、これまでのように会社に通勤して仕事を行う必要性が最近では低くなってきています。

テレワークでは業務内容に応じて、仕事に最適な場所を自分で選択することで生産性の向上や、通勤時間をカットしてその分作業時間の確保を図ることが出来るメリットがあります。

また育児や介護などで出社することが難しい人でもテレワークであれば普段通りの仕事が出来るので、ライフスタイルに応じた働き方が出来るのもメリットと言えるでしょう。

テレワークのデメリット

企業側も従業員側もメリットがあるように思えるテレワークですが、同じようにデメリットもあります。

業務管理が難しい

オフィス勤務であれば進捗の管理者とメンバーが顔を合わせて、各々の仕事の進み具合をすぐに確認することが出来ますが、テレワークの場合、情報を共有するツールが無い限り状況の把握や管理をすることは不可能です。

なので、マネジメントする側の立場からすると、業務管理が難しい点は気持ちとしては不安な部分ではあります。

また業務上の問題に対してリアルタイムでの対処が難しい部分もあります。

社内コミュニケーションが難しい

テレワークの大きなリスクとしてコミュニケーションの頻度が低下する、というものがあります。

職場内であれば普段通りにメンバー内でコミュニケーションと取ることが出来ますが、テレワークでコミュニケーションを取る場合だと【相手が手が開いてるのか・忙しいのかわからない】【感情など微妙なニュアンスが伝わりにくい】などのデメリットが出てくるので、メンバー間で連携が必要となる業務では難しいと言えるでしょう。

コミュニケーションをしっかりしないと各々が孤立した業務を行っていってしまう可能性を考慮しなければいけません。

長時間労働のリスクがある

勤務時間の管理が個人の責任となるため、周りのメンバーから注意がない限りは長時間勤務に対するリスクが高くなるでしょう。

特に在宅ワークだと仕事とプライベートの境目がわかりづらくなり、かえってダラダラと長時間作業してしますかもしれません。

スポンサードリンク

テレワークを実施するときの注意点

テレワークをする方にとって最適なワークライフバランスの実現をするため、テレワークをするときのいくつかの注意点をまとめました。

連絡ツールは情報を共有しやすいものにする

テレワークをする際にはSkypeやSlackなど同時に複数のメンバー連絡をとれたりリアルタイムに情報やツールを共有することができる連絡手段を必ず使いましょう。

これらを使用すれば、各メンバーが離れ離れのとこにいてもミーティングができたり、緊急の連絡を取ることが出来ます。

定期的な連絡・報告・相談を徹底する

テレワークの場合は報告・連絡・相談がより重要になってきます。

文章のやり取りの場合では空気が読めないし相手の状況もわからないのですが、だからこそ連絡をこまめにしていき、トラブルを避けていくことが大事になります。

勤務時間をはっきりさせ意識して休憩をとるようにする

仕事とプライベートの境目がわかりづらいので、長時間労働を避けるために前もって「この時間まで勤務します」と連絡するようにしましょう。

また、在宅ワークであれば同じ姿勢でずっと仕事を続ける可能性もあるので、ストレスを溜めないように休憩する時間をしっかり確保しましょう。

仕事と休みのメリハリをつけるのがライフワークバランス改善の第一歩です。

スポンサードリンク

まとめ

最後までこの記事をお読み頂きありがとうございます!

新しい業務形態として上がっているテレワークの注意点について書かせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

皆さんもテレワークをする際は以上のことに気をつけて、実施してみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です