クドカンの批判理由は「ライブハウス感染」?その経緯は?

2020年3月31日に新型コロナウイルスに感染したことが判明した、脚本家兼俳優の宮藤官九郎さん(49)が同年4月13日放送のラジオ番組「ACTION」で4月7日に退院したことを発表しました。

現在は自宅療養中だが、元気であることを報告し、ファンやリスナーを一安心させていました。

喜ばしいことではあるように思えますが、ネットでは「ライブハウスの件はどうなんだ」や「あまりにも軽率では」と一部批判の声が上がっているようです。

どうして批判の声が上がっているのでしょうか。

原因と経緯をまとめてみましたのでぜひご覧下さい。

スポンサードリンク

感染経路はライブハウス?

東京都渋谷区のライブハウス「LOFT HEAVEN(ロフトヘブン)」で3月20日に開かれた公演の出演者から、複数人の新型コロナウイルスの感染が確認されたことが3日、運営会社への取材で分かった。感染を公表した脚本家で俳優の宮藤官九郎(49)が客として公演を観賞していたという情報もある。

引用元:スポニチアネックス

どうやら宮藤さんは、コロナウイルスの感染が拡大する中、渋谷のライブハウスに行ってしまったそうです。

その数日後の3月31日にコロナウイルスの発症が報告されたので、感染経路はこのライブハウスなのでは?という声が上がっているようです。

また、20日のライブイベントでは参加者のスタッフや観客のほとんどがマスクをしていなかったという目撃者の情報も出ているので、かなり信憑性は高いように思えます。

身に覚えがないような言い方に疑問の声も

そして新型コロナウイルスに感染した際の宮藤さんのコメントがこちら

「まさか自分が、と過信してしまいました。罹った今も、(かかった)何で自分が?と信じられない気持ちです。引用元:NHKニュース

普通のコメントに見えますが、ライブハウスイベントに参加していたとの噂や舞台稽古を続けていたという宮藤さんの「コロナ感染を甘く見ているような行動」が見られていたので、このコメントに対して『なんで自分が…』という、まるで身に覚えがないという言い方に疑問の声が上がっていたようです。

確かにこのようなライブハウスに行くことは自粛すべきとの声が出ていた時期でもあったので、感染経路が確定してないとはいえ疑問の声が出るのも仕方のないように思えますね…

スポンサードリンク

非難の理由は「反省の色がない」?

退院した際のコメントがこちら

おかげさまで先週火曜日、退院することができました。ご心配おかけしました。現在は自宅療養中ですが、いたって元気です。

先生の言いつけを守って、家から一歩も出ずに『バカ殿』ばかり見ています。

引用元:ヤフーニュース

これに対して退院を喜ぶ声より、非難の声が多かったようです。

ネットでの反応を一部抜粋しました。

ネットの反応

どうやら、感染拡大中の際に軽率な行動をとってしまったという噂に対して説明がなかったことが批判の大きな理由のようです。

また一部では「問題行動を起こしたのに謝罪がない」とまで言われていて、ちょっと叩きすぎなのでは、と思うような批判の声もありました…

感染経路は不明ですが、どうやら「100%ライブハウスだろ」と思っている方が非常に多いようです。

個人的にはこれを教訓として外出自粛を心がけてくれればそれでいいのではないかと思いますが…

スポンサードリンク

まとめ

最後までこの記事をお読み頂き、ありがとうございます!

とにかく、回復に向かっているので良かったですね。

しかし、ライブハウスの件など世の中では説明を求めている声あり、謎が解決していないこともまた事実です。

しっかり完治させたら、経緯の方を説明してほしいところです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です